メーカーについて

ドローンで空撮をするときに気にしなければいけないのは、そのメーカーについてです。何故なら、ドローンメーカーにはそれぞれ特徴があるため、それらを把握しないまま購入してしまえば、自分の求めていないドローンを購入してしまうリスクが高まってしまう危険性があります。それらを踏まえた上でドローンメーカーについての知識を身につければ、より良いドローン空撮ライフを手に入れることが出来るでしょう。

ドローンメーカーについて知る上で大切にしておきたいことは、主力のドローンメーカーについて知ることです。空撮で使うような高機能ドローンを製造しているのはほぼ3社といって間違いないとされています。それ以外のメーカーで作られているのは自撮り撮影などに特化したセルフィードローンの可能性が高いです。これらはトイドローンと言われており、本格的な空撮には向かないことが多いです。

大手ドローンメーカーは中国のDJIやParrot、アメリカでは3Dロボティクスなどがあります。この中で今勢いがあるとされているのがDJIです。こちらの勢いに押されてParrot社は大規模なリストラを敢行、3Dロボティクス社は主力機種である「Solo」の生産を中止するなどの対策を余儀なくされています。しかし、3Dロボティクスはスマートドローン開発が注目されているため、今後も目が離せません。

Copyright ©空撮をするためのドローン選ぶには、こんなポイントがあった!, All rights reserved.