操作性について

空撮ドローンを選ぶポイントとして気にしたいのは操作性です。何故なら、ドローンの速度というのは時速30km〜60kmというスクーター並みのスピードが出ることもあるからです。そのため、操作性が高いものでなければ事故を起こす可能性があります。ドローンの事故は機体の自損・他損を問わない破損だけでなく、人身事故に繋がる恐れもあります。そのため、意識をする必要性があります。

しかし、ドローンにおける操作性とはどのようなポイントを指しているのでしょうか。それはアシスト機能の充実です。もちろん、ドローンはリモコンのスティックを倒す動作で操作をするものですが、それをサポートするための機能がどれほど充実しているのかということを調べることによって、高い操作性の持つドローンに巡り合うことが出来るでしょう。

ドローンのアシスト機能の障害物回避機能、自動着陸、バッテリー不足時の自動帰還機能などがあります。このようなアシスト機能は機種によって異なるため、どのドローンにも同様の機能があるわけではありません。そのため、念入りな下調べが必要になります。また、あえて操縦技術向上のためにこのようなアシスト機能を使わないという使い方もあります。

Copyright ©空撮をするためのドローン選ぶには、こんなポイントがあった!, All rights reserved.