重量について

見落としがちな空撮ドローンの選び方としては重量が挙げられます。「どのような重量のドローンを選んだところで空撮には関係ない」と感じる人もいるかもしれませんが、ドローンと重量というのはそもそも密接な関係性があるため、ここを無視することはできません。きっちりと重量について調べた上で購入をするようにしましょう。

ドローンは飛行体であるため、重量が軽ければ軽いほど安定感が増していきます。そのため、重量が重いドローンを選ぶことによってブレの少ない美しい映像を収めることが出来るのです。逆に、軽量ドローンを選択してしまうと強風に煽られてしまうリスクが高いため、美しい映像を撮るにはそれなりの操縦・撮影技術が求められます。そのため、技術に自信が無いという人ほど重量が重いものを選ぶ必要があるのです。

しかし、野外撮影が多くなる空撮にとって、重量のあるドローンというのは移動における重労働という大きな問題を引き起こします。特に、大自然の中での撮影はドローンを持って移動する場面が多くなるため、体力消耗が激しくなるのです。このような点を加味した上で、自分のドローン撮影がどのような場所で行われるのかというシミュレーションをしてドローンをえらぶようにしましょう。

Copyright ©空撮をするためのドローン選ぶには、こんなポイントがあった!, All rights reserved.